そもそもリンパって何?

リンパとはリンパ管を通るアルカリ性の液体で、体内で重要な働きをします。身体の約70%は水分ですが、その水分には血液も含まれます。リンパ液はほとんど血液と同じ成分でリンパ管を通って体内を循環しています。

そもそもリンパって何?(続き)

リンパの働きは老廃物をきれいにしながら体内を運搬することで、細菌などから体を守る免疫機能の役割も同時に担っています。排泄機能と免疫機能という、主に2つの大切な働きを担っているのです。

老廃物を体外に出すことで美容に効果があるだけではなく、風邪や病気を防いでくれています。

体内の内臓だけではなく、皮膚にも網の目のように広がっているリンパ管は幾つかの中継地点に集中していますが、そのポイントはリンパ節と呼ばれます。静脈に取り込まれなかった余分な老廃物や細菌をカバーする際、このリンパ節がフェイルターの役目を果たします。

リンパマッサージ

リンパの機能が正常に働かないと、様々な障害が身体に現れます。余分な水分や毒素、老廃物が蓄積され、むくみやたるみといった美容上のトラブルを引き起こすだけではなく、免疫機能が低下して病気にかかりやすくなり、新しく摂った栄養素もきちんと吸収できなくなり、慢性的な体調不良になります。

また、多くのリンパ管の途中途中に位置するリンパ節では、組織内に入ってきた異物が血管に入り込んで全身を循環する前に、チェックする機能を持ちます。

リンパの機能が正常に働いていれば、異物はリンパ節で食い止められます。癌細胞のような悪質な異物が侵入した場合には、リンパ節で循環を食い止めきれないこともあり、そのままリンパ節自体にがん細胞が増殖、転移してしまうこともあります。

リンパは美容ではではなく、人間の身体を健康的に保つためになくてはならない組織なのです。


HOME | そもそもリンパって何? | リンパマッサージの効果 | リンパマッサージとダイエット | 小顔リンパマッサージ | バストアップマッサージ | 冷え性対策リンパマッサージ | 肩凝り解消リンパマッサージ | 脚のむくみ解消マッサージ | リンパマッサージ関連Q&A | リンク | リンク
Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.

privacy